ロストプラネット2

2013年03月12日

P-90 壊!

ども 嫁と一緒に日本の刑事ドラマを見てて、犯人がM92Fで武装してるのを見てツッコミいれたら 「一般人には全部銃じゃ!」と 怒られました 全く納得がいかない D.O.M隊長 かしゅ です。

さて 久々に日曜日が休みってことで銃さわれる~^^ とウキウキしながら いじっておりました所 
我が家で一番古い愛銃P-90TRさんが ゴリッ!という音と共に動かなくなりましてw
開けてみたところ ピストンとピストンヘッドがお亡くなりになってました^^;
ヘッドの止めが折れてしまい ピストンと横になったヘッドが衝突 バキバキに割れておりましたw
新しいフラッシュハイダーに弾が干渉するので調整してたのですが
まぁたよりによって 薄幸のスナイパー LAKIちゃんが試し撃ち中に
ゴリッ!www
LAKIちゃんの「なんか・・・・ゴメン・・・」で笑っちゃいましたwww
消耗品なんでキニスンナ!www
雪が降ってたのでどうしようか迷ってたインディ様へGO
部品調達&鬱憤ばらしとしか思えないタクティカルライト衝動買いwww
そして この前買いましたSCARのトリガースイッチがくっついて弾が撃てなくなるので その部品もざっくりとした感じでここいら辺の部品くださいと注文w

お世話になりますインディ様w

で家に帰って組み込み 無事に撃てるようになりました。
一応今回は耐久性を考慮してシステマだったかのメタルヘッドを入れてみました。 初めてなのでほか部品との干渉とか未知数なので 物は試しな感じです インディのマスターが言ってた通り 音が少し甲高くなりました。
あとは ほんの少しですが ピストンヘッドとシリンダーヘッドの当りが強くなった感じがします。ピストンヘッドが重くなったからかしら?
腕に伝わるピストンの押し出しと当たる感覚を感じるようになりました。 とりあえず撃ち味が変わっただけで射撃には問題ないですw

どちらかというと ハイダーへの弾の干渉の方が問題で インナーバレルが問題でした。
今までP-90に対応する長さのかっぱバレルを入れてたのですが 純正より17ミリほど短かったのです。
P-90は銃口付近でインナーバレルを固定するのですが そこまで届かず中で暴れていました 固定するためにいろいろやっていたのですが なかなかうまくいかず ついでだからとマグナスバレルの長いものを購入
家に帰って切断することに
現在の仕事の前の仕事が設備関係だったもので 設備配管工具のパイプカッターを持ち出してきまして パツンと切断w
とりあえずなるべく長く ハイダーに隠れるギリギリくらいを目安に 適当に切ったところ ハイダーぴったしwww
うぅむ まだ腕は衰えていないなとか思ってみたりwww
バリを取る工具でバリ取り&テーパ処理してとりあえず完成しました。 

バリ取りの刃がだいぶ減っていて綺麗に取れなかったので買ってこなきゃです^^;
でも とりあえずは射線のまとまりも良い感じで 何よりハイダーに弾も干渉しなくなりました。
あとはチャンバーとインナーバレルの固定がイマイチでバレルが回るのをなんとかしたいな^^;
頑張りますw  







Posted by かしゅ  at 20:56 │Comments(0)P-90 tr
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。